お薦め

プラセンタとコラーゲンの関係

←こちらのサイトもおススメです。

プラセンタとコラーゲンの違いはといえば、プラセンタは人間や豚や馬、
羊などの胎盤から抽出された成分のことで、コラーゲンとは哺乳類の皮膚などを構成しているタンパク質になります。
どちらの成分も体の中から働きかけて、肌を活性化させて潤いを保ちます。
コラーゲンは潤いを与えるという効果が、プラセンタはコラーゲンの生育に密接な関係があるとされており、
一緒に摂っても不思議ではありません。
それどころか一緒になった製品も実際にあります。
その名も「プラーゲン」といいまして、プラセンタが4000mg、
コラーゲンを2000mg配合したジェル状のスティックタイプのものです。
カロリーも13kcalで、味は「ローズピーチ味」と食べやすいのもお勧めです。
ちなみに肌のターンオーバーは20代で28日と約1ヵ月ですが、
30代で40日、40代で55日と時間がかかるようになっていきます。
プラセンタもコラーゲンも体に染み込むように入っていき、肌の入れ替わりに一層の効果を発揮します。
ただどちらも溜めて効果を発揮し続けるという効能はありませんので、やめてしまうと効果はなくなります。
またプラセンタの場合は肌だけに限った効果だけではありません。
胎盤から作られた新鮮で豊富な栄養素が、体の様々な不調に働きかけてくれると言われています。
元々肌のために飲み始めたのに、頭痛や肩こりなどが治ったという人や、
疲れがとれるなどといった効果があるのはプラセンタの方です。
コラーゲンにはあまりそういった効果はありませんので、美肌効果のためといってもいいでしょう。
ですがプラセンタがコラーゲンの育成に効果がある成分ならば、
一緒に摂ることでその効果を高められるのではないのでしょうか。
純粋に肌に対してだけの効果を求めるのでしたら、プラセンタだけでもコラーゲンだけでもなく、
両方を摂取した方がよいと、「プラーゲン」のように大々的ではなくても混合されている商品もあります。
セサミンという成分と美容効果という共通点があります。
セサミンの美容効果についてはこちらをご覧ください。
また、美容に興味のある方でしたら、育毛剤もオススメです。
女性も使える育毛剤はこちらをご覧ください。